スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有期雇用10年に延長

有期雇用10年に延長 特区での解雇は対象絞る政府方針
2013/10/17 2:00 日経新聞より

 政府は16日、有期雇用の期間を最長5年から最長10年に延長する方針を固めた。企業の雇い止めを防ぎ、パートや契約社員が5年を超えて働きやすくする狙いからで、来年の通常国会に労働契約法の改正案を提出する。解雇ルールを柔軟に設定できる政策は地域限定の「国家戦略特区」で、対象企業などを絞り込むことになった。



現在労働契約法で定められている有期雇用者の契約更新期間は5年で
これが10年へと変更される可能性が高まってきました。

1年有期雇用者の更新は4回まで、とインプットされていたものが
9回までになるのですね。
こりゃ管理も大変ですね。。。
スポンサーサイト
[ 2013/10/17 18:27 ] 労働基準法 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。