ホワイトカラー・エグゼンプション

現在、日本では報酬を支払う基準は
「働いた時間」なのですが、
「働いた成果」に応じて給与を払う
ホワイトカラー・エグゼンプション制度が導入されようと議論が行われています。

●産業競争力会議側案
(1)職務の範囲が明確で高い職業能力を持つ人材
(2)希望しない人には適用しない
(3)働き方の選択によって賃金が減らないようにする

●厚生労働省側案
(1)成果をはかりやすい高収入の専門職(年収1,000万円以上)
(2)世界レベルの高度専門職(研究者や金融のディーラーなど)
(3)商品企画や海外事業のリーダーら管理職手前の人材にも広げる


現在それぞれから提示されている案には大きな隔たりがあります。

早ければ2016年の春から実施される予定ですので
どのラインで落ち着くか今後要注目ですね。



日経新聞2014.5.29記事

スポンサーサイト
[ 2014/05/29 11:11 ] 労働基準法 | TB(0) | CM(0)