FC2ブログ






未払iい賃金の請求期間 3年へ

労働者が会社に対し、未払い賃金を請求できる期間について
厚生労働省は、現行の2年を3年に延長する検討に入りました。

未払い賃金とは(東京労働局)

現在未払い賃金請求の時効は、
労働基準法では2年、民法では1年です。
が、2020年4月の改正民法施行で、
賃金に関する債権の消滅時効は原則5年となるため、
労働基準法の方も見直しが図られています。

しかし時効が一気に5年に延長されると、
企業の負担は過大なものとなります。
その影響を考慮し、まず3年への延長で改正が検討されます。

今後の動向に注目するとともに

・未払い残業代はないか?
・勤怠管理と、それによる労働時間の把握は適切か?
・就業規則や雇用契約書の記載・運用は適切か?

等のチェックや見直しを検討され、
リスクへの備えをされることをおすすめします。
スポンサーサイト



[ 2019/10/21 17:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://createoffice.blog.fc2.com/tb.php/114-c2f1de0e