スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

特定受給資格者

会社を退職して働きたいのに職に就けない場合
直前の会社である程度雇用保険に加入していた場合は
雇用保険の給付(失業保険)が出ます。

この失業保険は直前の会社を辞めた理由で給付の長さが変わり
会社都合と自己都合では会社都合の方が長くもらえます。


「倒産・解雇等の理由により再就職の準備をする時間的余裕がなく離職を余儀なくされた人」
もやむを得ず離職したとして会社都合扱いになります(特定受給資格者)。

これまでは
「給与の支払いが遅れてやむなく退職した場合」などがあてはまりましたが

今年の4月以降の退職理由から
「長時間労働によるやむなく退職した場合」も加わりました。

退職前6ヶ月間の中に
①連続する3ヶ月で45時間
②1ヶ月で100時間
③連続する2ヶ月以上で月80時間

を超える残業があれば

「事業主が危険若しくは健康障害の生ずるおそれがある旨を
行政機関から指摘されたにもかかわらず、
事業所において当該危険若しくは健康障害を防止するために必要な措置を講じなかった」
と判断されることになります。

残業=悪 になるようです。ご注意ください。
スポンサーサイト
[ 2014/04/09 13:02 ] 雇用保険 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://createoffice.blog.fc2.com/tb.php/49-39a58b3e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。