FC2ブログ






シフト勤務者の有給休暇

年次有給休暇を取得した日の賃金の支払い方については
就業規則にその支払い方法を定めて決めます

1.平均賃金
2.所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金
3.標準報酬日額(労使協定要)

2の「通常の賃金」は月給者の場合は給与からその日の分を
控除しない事になりますが

時間給者の場合は
労働契約で定められた労働時間×時間給
を支払うことになります

またシフト制などで日によって労働時間が変わる場合は
有給休暇を取得した日にあらかじめ定められていた労働時間×時間給
を支払うことになります

それでも算定が難しい場合は
「訪問介護労働者の法定労働条件の確保について(平成16年8月27日付け基発第0827001号)」を準用します

非定型的パートタイムヘルパー等について、年次有給休暇が比例付与される日数は、原則として基準日において予定されている今後1年間の所定労働日数に応じた日数であるが、予定されている所定労働日数を算出し難い場合には、基準日直前の実績を考慮して所定労働日数を算出することとして差し支えないこと。したがって、例えば、雇入れの日から起算して6箇月経過後に付与される年次有給休暇の日数については、過去6箇月の労働日数の実績を2倍したものを「1年間の所定労働日数」とみなして判断することで差し支えないこと

ご参考下さい
訪問介護労働者の法定労働条件の確保について
スポンサーサイト
[ 2019/02/05 14:42 ] 労働基準法 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://createoffice.blog.fc2.com/tb.php/97-8c182ea9